CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAM350 CAD Export

リバースエンジニアリング作業でガーバーデータを読み込んだ状態からCAM350では
CADデータとしてExportする機能があります。

馴染みがあるものに「Pads」と「AccelEDA」があるので通常は後者を選択しています。
というのも「AccelEDA」は下記の経緯があるからです。
「Tango(MS-DOS)」--->「TangoPRO(Win)」--->「AccelEDA」--->「P-CAD2000」
とバージョンアップを遂げていました。

という訳で「AccelEDA」のデータを「P-CAD2002」で読み込んで更に
Altiumで読ませることでデータ変換をさせています。

スポンサーサイト

Category : CAM

面付け処理の仕方

今は面付け処理はAltiumでしていますがかなりの情報が
伝わってしまうので予め面付け用のファイルにして処理するのがやや面倒です。

以前はP-CADだったのでCamtasticまたはCAM350で処理していましたがそれに比べれば
楽です。

Camtasticはビューア的な存在なので細かい処理をするには未だに信頼度がないように
思えます。
という訳でCAM350での処理は未だに行っています。

Category : CAM

Gerber-CNC変換

基板切削の工作マシーンにGerber-CNC変換が付属している場合は問題はないのですが
基板のアウトラインのDXFからCNC変換の場合もあります。
その時にパターンのアウトラインのDXFを要求される場合があります。

CAM350で編集をすればGerberデータからアウトラインのDXFを作成可能ではなりますが
かなり時間が掛かります。


Category : CAM

フィルムサイズの微調整

フィルムスキャンまたはPDFから変換したDXFなどのファイルでは縦横比が違っている場合が
多いです。

これまでは図脳RapidでXY方向を別々に処理していました。
しかし、細かく調整は可能ですがCAM350でも処理ができます。

自動でターゲットとなるレイヤの情報を新レイヤにコピーし変換した状態となります。
精度はCAMならではで小数第6位まで指定可能です。


Category : CAM

Draw to Raster Poly

CAM350の編集作業の続きのお話です。

Draw to Flash 変換できない面取りした四角形や複雑な形状の場合は
Draw to Raster Poly 変換で対応することが可能です。

またTOP/BOTのべた塗りのアースなどの線画もPolyに変換ができます。
欠点はDXFにした場合に輪郭だけと認識せず、塗りつぶした図形として処理されるので
機構設計CADやAltiumで重くなることです。

CAD変換することでPCADやPADS経由でAltiumに変換した場合はそれは解消されます。
またべた塗りのアースが一つのポリゴンなのですぐに削除できます。
利点でもありますが誤って消す場合もあります。

Category : CAM

CAM350での文字追加、編集

CAM350で文字編集をしたことがないのでトライしてみました。

新たに文字を追加する場合、Simpleの場合はDコードを使用するようです。
フォントがTTFの場合はDコードは関係ありませんが、ベクトルで管理するのではなく
そのまま表示されるので一旦配置した後も内容もフォントも編集が可能です。
文字の位置がセンター、センターで配置できるのはありがたいですがその位置は
完全にセンターでは無いようです。

文字の間隔や改行のスペースも設定が可能です。


Category : CAM

Draw to Flash 変換

CAM350でDraw to Flash 変換のコマンドを初めて使用してみました。
というのも標準ガーバーを読み込んで処理する仕事があったからです。

レジストやメタルマスクもドローで処理されていたのでそれをテンプレートにして作業を
するのが大変だからです。
またCADデータに変換する必要があることも一因です。

CAM350のDraw to Flash 変換では選択したもののFlash化は円か四角か長円の3種類のみ
です。
R面取りした四角形への変換はありません。

一部が欠けた円は長円に変換されるようです。
自動での処理の場合は一瞬に処理がされてしまうので注意が必要です。


Category : CAM

CADとCAM編集

CADで面付け処理などができる場合が多い為なのかCAM編集ができない基板設計者が
多いように感じます。

単純な面付けではない場合や、標準ガーバーで方言がある場合などは
どうしてもCAM編集が必要になります。

CAMはどうしてもUNIX、MS-DOSの流れを汲んでいるためなのか
コマンドドリブン風の場合が多いのでセレクトドリブンのWindowsに慣れていると操作系に
違いがあるので余計に遠のいてしまうのでしょうか。


Category : CAM

パナソニックが基板事業から完全撤退した影響

近頃、古い基板の標準ガーバーデータを読み込んで欲しいというCAM作業をする機会が
増えています。
調べたらパナソニックの撤退の影響のようです。

CAM350で読み込んでDコード設定すれば問題はないのですが
円弧が多角形の線分ではなく円弧命令などの場合は部分的に化けることがあります。

NCデータもCADから出力されたものではなくCAM編集後の場合はセンター割り振りの
場合が多く、初めて見るフォーマットの場合もよくあります。

Category : CAM

単体のファイル形式のODB++

ODB++の出力形式には2種類があります。
一つは複数のフォルダ形式です。
気をつけないといけないのは既存のフォルダに保存する時にコマンドの選択によっては
その中をクリアされることです。
誤動作を防ぐために似たような内容がないようにクリアする機能があります。

もうひとつは単体のファイルです。
圧縮されているのでしょうがどうやって単体のファイルにするのは不明です。
うちでは一旦、複数のフォルダになったものをCAM350で再度読み込んでそのソフトウェア
で単体のファイルに保存しています。

Category : CAM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。