CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基板設計CAD「CSiEDA」について

最近、トランジスタ技術の表紙などにも登場している「CSiEDA」

昨年初めにカタログ入手し、電話で基板設計CAD「WinPCB」について質問した経緯があります。
今回はそれからバージョンアップしているかどうかということと
別途、質問があったのでまた電話してみました。

この基板設計CADの批評にならないように箇条書きで淡々と記述してみます。

1.昨年初めにはVer.5.5だったものが現在はVer.5.6とのことです。
(6.0になれば追加機能もあるようですがそのリリース時期は不明とのこと)

2.基板全体を3D表示処理するには別途「Win3DView」(390K)が必要です。

3.3D部品作成はサーフェスでソリッドではありません。
 (また、3DCADとのやりとりはSTEPということになるので半透明部品の作成は無理かもしれません。)

4.IDF出力が可能なので、3D処理は別途「Solidworks」を導入しそのアドインの「Circuitworks」で
 処理した方が良さそうです。
 IDF入力は「CSiEDA」はサポートしていないので「WinPCB」側への情報のフィードバックはなしです。

4.ODB++はサポートしていないので過去の資産は別途「WinGerber」経由(ポリゴン化、部品化)での
 対応となってしまいます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。