CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IDF形式ファイルとEXCEL

全然関係ないこの二つですがIDF形式のファイルの内容をチェックするには
テキストエディターよりもEXCELの方が便利なことがあります。

*.brd、*.proファイルはどちらもスペース区切りです。
その為にEXCELでスペース区切りで処理するとセル単位の表示に変わります。
ヘッダー部分は文字列が長いのでわかりにくいですが逆に本編では有利です。

これでチェックすればIDF形式ファイルでおかしな部分があればすぐに
気が付くことができるでしょう。
シビアな部分もあるので修正しても保存はしない方がいいでしょう。


スポンサーサイト

国産の3Dプリンター

PCケースのメーカーで有名な「アビー」の関連会社が3Dプリンターを発売します。
SCOOVO C170 | オープンキューブ

ありがたいのはランニングコストそのものであるフィラメントの価格が安いこと
です。
板金折り曲げで強度を出すのがお得意なアビーなので精度のいる3Dプリンターの
剛性はそれなりに管理していることでしょう。

大手電気店で販売予定なので実機も比較的簡単に見れそうです。

汎用樹脂ケース

大手メーカー以外は自前で樹脂ケースを作成することができません。
以前は汎用の樹脂ケースは白や黒だけでした。
しかし、近頃は違うようです。
タカチ製のこちらはカラフルです。
アイデアルのこちらは形状がかわっています。

小型ケースは使用する電池も気になりますがその辺りもある程度は
考慮してくれているようです。

3.5インチ版ハイブリッドHDD

2.5インチ版ハイブリッドHDDを購入してOSをインストールし間もないというのに
3.5インチ版ハイブリッドHDDが発売されました。
関連記事はこちらです。

容量も価格もこちらの方が有利で回転数も多いので性能的にもこちらが
上となるでしょう。

次回の自作のころにはこれまたは相当品を使用したいものです。

3Dスキャナ

データ作りは3DCADだけではなくて実物を3Dスキャニングすることでも
実現可能です。
その3Dスキャナがこちらで販売されています。

動画はこちらです。

STEPファイルの色

STEPファイルを扱っているサイトは、知る限りでは海外では2箇所で国内では
一つです。

しかし、色合いや部品名シルクまで入っているSTEPファイルは極めて
少ないようです。

国内のものは形状だけを意識して専用3DCADで半自動で作成しているからかも
しれませんが、折角なので色合いも合わせこんで欲しいものです。

色合いは見た目というよりは3DCAD側から見るとレンダリング工程で
重要な項目となります。

Core-i7第4世代の実力

4770無印+16Gメモリー+WIN7Pro64ビット版のPCを自作しました。
性能的には確かに雑誌などの批評のとおり3770Kとは、スペック通りで体感差は
感じません。

今まではOSはHome-premium版ばかりでしたがやっと32Gbyteメモリーが使える
professional版をインストールしてみました。

すぐに32Gbyteにする予定はありませんが現状では8GByteを二枚構成なのでスロットは
増設可能としCPU放熱器が増設予定の場所に当たりそうでしたがそれも回避しました。
Micro-ATX版のPCケースで弊社で一番早いPCを自作するというのはちょっと
アンバランスだったかもしれません。

3DCADでの使用が主なので可能であればビデオカードとしてエルザの
Quadroシリーズを試したいものです。

BDドライブはパイオニア製のBDXL対応版ですがメディアが高いので暫くは焼く
予定はなさそうです。

ネットリスト全体をカンマ形式にするには

ネットリスト内の()部分の接続情報をエクセルなどで扱えるカンマ形式にする方法。

テキストエディタで正規表現の変換が使えるものを使用すると
この4工程でカンマ形式に変換が可能です。
[]の部品表記部分は化けるので後から削除してください。

1番と4番が正規表現で改行の\nを処理し、2番と3番は通常の置換です。

1.置換(正規表現)
 \n
 ,

2.置換(通常の文字置換:大部分の処理)
 ,),(,
 ;

3.置換(通常の文字置換:繋ぎの1ヶ所だけ)
 ],(,
 ;

4.置換(正規表現)
 ;
 \n

「AltiumDesigner」のIDFの修正

「AltiumDesigner」のIDF(SDRC-IDF Brd Files)と「P-CAD」のIDFを比較したら
空白部分が違うのがわかり、これが方言になっているのではないでしょうか。

「AltiumDesigner」の方は半角空白が1から4文字分だけ揺らいでいるのでそれを
常に半角1文字の空白になるように修正しました。
これだけでは改善しないようで、次に部品の型番またはフットプリント名が1回だけ
登場しますがこれを2回繰り返します。
コメント部分も出力されるようなのでそれは削除する方が無難です。

TurboCAD Deluxe 2D/3D ver. 19 輸入版

以前、半年ぐらいTurboCADで基板の3D化の作業をしていました。
それから随分とご無沙汰していますがアマゾンでは
ver. 19の輸入盤を扱っているとは知りませんでした。

日本語版はV15で止まっているので発売元のキャノンさんには頑張って
もらいたいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。