CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXCELでネットリスト生成

EXCELにBOMを貼り付けてマクロ処理してネットリストを生成することができました。
最初はファイル出力することを考えていましたが
空いた列に縦に表示させ、それをテキストエディタなどにペーストする方が
楽でした。

今まで、ネットリストエディタがあればいいと思っていましたが
EXCELの表にすることで編集するのが簡単です。

まだネットリストのヘッダーの部品部分だけなので今後は、接続情報のある実際の
ネットリストのファイルとヘッダーを差し替えるマクロが課題です。

スポンサーサイト

EXCELを利用したSWとIDF

ソリッドワークスでEXCELのテーブルを利用して問題になりそうなのが
個別部品にした時に重いのとそのファイル名です。
IDFではファイル名が重要です。

そこでソリッドワークス側で個別部品に変身させた後にSTEPファイルで保存し
それをインポートすることです。
形状の変更はできませんがIDFで利用するには問題ありませんでした。

マック風PCケース

海外のPC雑誌を読んでいたらこのようなケースを見つけました。
マイクロATX使用ですが、どこかのケースのように上下に柔らかい樹脂が
ないので変形することはなさそうです。
価格も手ごろです。

内部の使い方がいま一つ理解できないでいますが
国内で発売になったら購入を検討してみます。

ネットリスト編集

EXCELで部品表(BOM)を編集することはあってもその型番からリンクして
ネットリストのFootprintの検索、編集までを処理するソフトウェアを
見かけたことがありません。

EXCELで部品表の型番からFootprintの検索まではマクロで出来上がったので
今度はネットリストの編集、生成までを一貫して修正するマクロに拡張しようと
奮闘しています。

Commentやfootprintの置換やメーカー名や値までを型番などから抽出する
ことは理論的に可能なのでトライしようと思っています。

EMSに関連した記事

こちらにEMS化に関して上手く説明してある記事を見つけました。
パソコンのマザーボードなどでも台湾製が殆どです。
やはりデジタル機器の生産では台湾は欠かせないエリアです。

マックなども製造は社内ではなくてEMSですからこの手法で両社が
伸びることもありそうです。

国内でもEMSは時々お目にかかりますがこういう視点でそれを
見たことはありませんでした。

Category : ETC

既存ライブラリーのリスト

ライブラリーの数が多い場合はフォルダ別に管理する方が見やすい場合もあります。
弊社でも部品メーカーやクライアントなど4つのフォルダで管理しています。
「P-CAD」ではそれでも特に問題はありませんでした。
(ネットリストのヘッダーの部品情報は使用していませんが)

前出の記事のように「Altium Designer」で部品の全リストの作成し、部品表とを
検索するマクロが完成しました。
しかし、フォルダが多いとその全リストの作成が面倒です。

個々の部品のリストは部品編集画面でのレポートで*.docで出力するか
設計場面でライブラリーリストの画面でのレポートで、そのヘッダーのカンマ
部分を利用するかのどちらかです。

前者の場合はエクセルに読み込んで1-11行目までを削除するかコピペするなどで
A列に連結すれば可能です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。