CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXCELでのTips

EXCELでマクロを組んでいる時に使えるのがFootprintでのソートです。
通常はDesignatorに着目するので型番がごちゃごちゃに表示されます。
それをFootprintやCommentでソートすると綺麗に連続したデータとなるので
表が見やすくなります。

ファイルに出力する場合の注意点
エクセルでのマクロでは新規ファイルとして保存する方法を上手く見つけられ
ませんでした。
そこで知ったのがメモ帳へのネットリストの出力です。

ある表のA列を選択しコピーします。
そしてメモ帳(Notepad)を起動します。
ここで貼り付けですがVBAの機能ではNGなので
「Sendkeys」というコマンドを使います。
これはあたかもキーボードから文字を入力しているように動作させるものです。
それで「Ctrl+V」相当するキーを送信しています。
その内容を確認したら自分で「名前を付けて保存」で処理します。

.Columns("A").Select
.Columns("A").Copy
   
    Shell "Notepad.exe", 1
   
        SendKeys "^{V} "                               



スポンサーサイト

IDF Ver.3規格での出力のエラー その3

Ver.3でのStandoff(部品のZ方向のオフセット)を「Altium Designer」側で
処理するのも手間なのでEXCELのマクロで処理することにしました。

区切り文字は半角スペースですが3項目目がそれです。
しかし、Ver.2ではその項目は部品の回転の値です。

IDFエディタがあれば

IDFの記載内容をマクロで修正していて気が付いたのですが
「型番」や「Standoff(部品のZ方向のオフセット)」、「Height(部品の高さ)」
などを修正できればいいということです。

*.BRDファイル内の「.PLACEMENT」情報は下記のようになっています。

1段目:「FootPrint」「Comment」「Designator」
2段目:「X座標」「Y座標」「Standoff」「回転角度」「TOP/BOTTOM PLACED」

となっています。



IDF Ver.3規格での出力のエラー その2

「Altium Designer」でVer.3規格での出力時の3D部品のオフセットの件の
続きの記事です。

「Altium Designer」のTools > Manage 3D Bodies for .... の画面にて
Standoff Height の数値がIDFの*.brdファイルに出力されるようです。

「Manage 3D Bodies for ....」の機能は2Dの部品情報から3D形状を仮想するツール
なのでこのような数値になっても仕方ありません。

これが0でないとIDFにて3D部品にてZ方向のオフセットが掛かります。
「Altium Designer」のこの編集画面で0にするかIDFのファイルを
テキストエディタで編集するかのどちらかで処理する必要があります。



IDF Ver.3規格での出力のエラー

「Altium Designer」でVer.3規格でIDF出力し、ソリッドワークスで処理すると
何故か部品が基板の中に埋もれたような状態になります。
IDFの情報を分析するとそのようになっているので仕方ないようです。

Ver.2規格では問題ありません。

IDF修正マクロ

「AltiumDesigner」のIDFを修正するエクセルのマクロが完成しました。
それを秀丸エディタで説明するとこのような画像になります。
左側の黄色はスペース2個分ですが修正後の右側はスペース1個分になって
FootPrint相当分を2回繰り返しています。
Commentの有無にも対応できています。



「AltiumDesigner」のIDFは方言では

「AltiumDesigner」のIDFについて更にチェックをしてみました。

*.brdファイルのある部分では下記のような並びでした。
[FootPrint]_[Comment]_[Designator]となっていました。

しかし「AltiumDesigner」の設計ファイルにて[Comment]の記載がない場合は
[FootPrint]__[Designator]となってしまいます。

_の部分は実際は半角の空白の意味です。
つまり半角のスペースが2つ連続してしまいます。

*.proファイルでは[FootPrint]のプロフィールを示しているので
([Designator]の部分は不要ですが) [Comment]欄については同様です。

その為に3DCAD側でエラーとなってしまいます。

これを回避するには「AltiumDesigner」の設計にて[Comment]欄を埋めれば
OKです。

IDFの修正マクロ作成の前に

IDF形式は通常は*.brdと*.proの2つがペアです。
エクセルで「Altium Designer」の方言を修正するマクロを作る前にどう処理するか
検討中です。

ネットリストの部品情報と接続情報というものに似たような仕組みです。
(PADS形式の中には分離されるタイプのあるのでそれに似ています。)

これを見てわかるようにOKなのは型番を繰り返すか似たような
型番を繰り返しています。
どちらも半角スペースは2個でNGの場合はその半角スペースが
2つ連続しています。
つまり、型番を記載したいけれど無いのでそのままということでしょう。

*.brdの場合は「.PLACEMENT」を見つけたら次の行から処理を開始すれば
いいのでしょう。
同様に*.proの場合は「.ELECTRICAL」の次の行から処理を開始ということに
なりそうです。
ただ、後者の「THOU」はインチ/ミリで異なるので処理する時に
注意が必要です。

BRD************************************

.PLACEMENT
APS103  C6                                <<<--- NG
6100.0 5050.0 -118.11 0.0 TOP PLACED
AD8436ARQZ AD8436 U6                    <<<--- OK
6200.0 3500.0 0.15 0.0 TOP PLACED
AL_66D  C7                                <<<--- NG
5100.0 5200.0 0.0 180.0 TOP PLACED
EA2-5 EA2-5 RL1                            <<<--- OK
4800.0 5300.0 0.0 0.0 TOP PLACED

**************************************

NETLISTのノードの修正マクロ

通常は回路図のパーツのノードを修正しているのでこういった場面はあまり
ありませんがEXCELでノードの修正をするマクロ作成をしてみました。

回路図側で修正するのがいいので置換する部品の種類は10点に収めました。
またノードも3つまで。
つまりCRやTRなどのリードが3つあるものまでに制限しました。
(1点あたりの使用個数はその回路図によるので当然ながら制限なし)

これにマクロも比較的簡単になったように見えましたがアルゴリズムとしては
意外と大変でした。


スキルアップの時間の作り方

知り合いでも時間がないのでまだ勉強していないという返事を何度も聞くことが
あります。
でも、それから何年経っても同じ返事をされることも多いです。
そういった時間は待っても無いことが多いので、私の場合は夕方5時ぐらいから
30分以上は無理やり捻出して勉強に充てています。

Category : ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。