CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部品編集画面での寸法線

寸法線のコマンドがないので下記のような「Run Process」で処理しようとしました。
PCB:PlaceDimension
DimensionKind = LINEAR

しかし、結果はNGです。
はやり基板設計画面で作成してそれを寸法線こみでコピーするしかないようです。
部品編集画面はプリミティブなものばかりだから寸法線のような情報をグループ化する
機能はNGということなのでしょう。


スポンサーサイト

Win7でのP-CADのレイヤ表示

以前からWin7ではP-CAD2002/2004/2006は殆ど正常な動きなのにレイヤ表示だけが
されないエラーがありました。

これまではWinXP機で使用していたのでWin7でのP-CADはビューアーという扱いでした。
しかし、英語で検索してみると回避策がありました。

インスールディレクトリ内で一番浅い*.EXEファイルがある場所にある
*.manifestというファイルを削除するかその下に適当なサブフォルダを作成、移動すれば
いいことがわかりました。


コードレスマウス

CADを使うとマウスのケーブルが邪魔になることが多々あります。
このあたりはEXCELなどのビジネスソフトウェアとは様子が違います。

10年以上前からコードレスマウスばかりを使用しているので今更、ケーブル付きに
戻ること自体は考えられません。

殆どのコードレスマウスはロジクール製のものを使用していましたが反応を考えると
その中でも機種が限られます。
エレコム製はあまりいい印象はなかったのですが
こちらの「M-XG3DLBK」は8ボタンである程度のカスタマイズが可能なので
ロジクールのMX620の代わりに2台を使用しています。




OS依存のUTILのサポート

NET-TOOLもOSがWinXPまでだったのを理由にしてサポートが終わってしまいました。
部品表太も10年ぐらい何の情報もありません。
しかし、ORCADなどで利用するには便利なのでずっと使っていました。
Altiumには対応していないので最近はEXCELマクロで処理して読み込んでいるので
使う機会が減っています。
Win7ではデーターベース部分を利用している場合はエラーになるらしいです。
(32ビット版では部品表太はインストールは可能です。)


CAD用PCケース

PCの自作歴は15年以上なのですがPCケースは自分としては珍しく流用することが
多いのです。

抜き差しして壊れたり、劣化することが多いUSBコネクタ部分はマザーボードまたは
前面や裏のスロットに増設したものを利用することです。
ケースについているものが壊れると見栄えが悪いので利用は避けています。

マザーボードは沢山の増設ボードはCAD用に使用する場合は少ないのでMicro-ATXを
利用することが半数です。

PCケースはコンパクトなものも利用してきましたが結局は、部品に不良箇所が出てきた
場合の対応に難があるのでその利用は減ってきています。

ATXが入るケースの場合は比較的大き目で、Micro-ATXの場合もそれと同程度の横幅はある
けれど高さが低いものを利用しています。

Filter Clear

「Altium Designer」を使い始めて一番あせるのが何らかの操作でフィルター機能が
働いて周辺にMASKが掛かってしまう画面の時です。

慣れれば右下の「Clear」ボタンを押せばいいのですが初心者でそれを知らない場合や
CAD操作で間が空いてその機能を忘れてしまう場合です。

DXP > Customize 画面にて 「Filter」カテゴリーの中にある
「Filter Celar」にCキー などを割り振ると安心でしょう。

「FootPrint Finder」スクリプト

PCBLIBがありそうな(または収納されている)フォルダを指定してフットプリントを
探すスクリプトがDelphiスクリプト内の下記の場所にあります。

PCB > FootPrint Finder

そのスクリプトを改版して利用しています。
LookInSubFolders := False; 


LookInSubFolders := True; 
また、デフォルトのフットプリントはダイオードだったのでそれをR2012にして
おきました。
検索該当フォルダーも指定されていましたがそれもルート付近に修正しました。
C:\も指定可能ですがとてつもない検索時間が掛かります。


スクリプトで出来るコマンド2

前の記事の続きでそれと連番にしてあります。

5.ドリルテーブルのカスタマイズ
 従来の項目にT-CODEなどを追加する
6.プリファレンス内の深い項目をトグルさせるスクリプト
7.単純なXREF生成スクリプト
8.PCBLIBの細かい情報を*.CSVとして生成させる

スクリプトで出来るコマンド

「Altium Designer」に必要なスクリプトとして何があるかの考察です。

簡単なスクリプトは完成しましたが他にどんなものが欲しいのかのリストです。

1.インストールしてあるライブラリーのリストを*.CSV形式で保存したい。
2.現状では時間が掛かってしまうSCHの部品(LibRef?)検索スクリプト。
3.FootPrintのワイルド検索スクリプト。
4.センター割振りのコネクタを作成できるスクリプト。


FootPrint検索スクリプト

Summer09のインストールディレクトリにて
Example\Scripts\Delphiscript Scripts\Dxf内の
「IntLibSearchDemo.pas」にてLIB検索が可能です。

その中の「IIntegratedLibraryManager」がポイントのようです。
3種類のすでに決め打ちしたフットプリントの検索サンプルです。

こちらにも関連資料があります。


これをアレンジしてスクリプトが完成しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。