CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Rhinoceros」と「SolidWorks」

ひとつ前の記事のように「Rhinoceros」を「AltiumDesigner」で直接的に
利用するのは断念しました。
しかし、「Rhinoceros」の曲線の編集機能はすばらしいので「SolidWorks」で
利用することが可能なようです。
「SolidWorks」は曲線が苦手なので「Rhinoceros」を併用するということです。

基板上の部品ではそれだけ複雑なものは少ないでしょうが、他のジャンルでは
利用する機会は多そうです。
また、「Rhinoceros」を「Keyshot2.2」で読み込めてレンダリングできることを
確認できました。

仕事以外のジャンルで「Rhinoceros」を利用していくことにしました。


「SolidWorks2010」では「Rhinoceros4.0」のファイルを直接読み込めます。
インポートファイルでもシェル化など加工できるので再修正が可能です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。