CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Rhinoceros」と「図脳Rapid 3D/Pro」

「Rhinoceros」を使っていると「図脳Rapid 3D」を思い出します。

似ている部分はレイヤが使えることと押し出ししても元の2D図形が残っている
部分です。
(2D図形が残るのはTurbocadもですが。)

操作の仕方は「図脳Rapid 3D」の方が簡単ですが図形の量が増えても重く
ならないのがありがたいです。
「図脳Rapid 3D」はSTEPファイルが出力できず、「Rhinoceros」はSTEPファイルが
「AltiumDesigner」と相性が悪く白色になってしまうのが残念です。

サーフェスの部分でも「図脳Rapid 3D/Pro」よりも「Rhinoceros」が優れています。
最初の画面でテンプレートが登場するのは「Sketch Up」や「Turbocad」に
似ています。

今では「図脳Rapid 3D/Pro」も「Turbocad」も使用していませんが
「Rhinoceros」はこれからも使っていきたいCADです。

「Sketch Up」はイラスト色が強いので、案内地図を作成する時の家やビルの絵を
作成するために使おうとこれから勉強していく予定です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。