CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCの64ビット化

基板設計をする分には32ビットのPCで問題ないようです。

しかし、AltiumDesignerでSTEPファイルを配置した部品で点数が2000点以上
を変換するとなると話が変わってきます。
Solidworks2010ではメモリー不足の警告がでてきます。
小さい部品の形状を単純化するなどして、何とか乗り切りましたが
今後の為にもPCの64ビット化は必要だと感じてきました。

基板設計CADと一緒で、Solidworksでも一つの部品の使用数が多い場合は
問題ありませんが、STEPファイルを変換すると同じ形状でも別部品扱いと
なるので変換作業が大変で重くなってくるのでしょう。

3年ぐらいは自作をしていませんでしたが、DDR3/12800 4Gbyte x 4ぐらいの
メモリーを搭載したPCを製作することにしました。



まだコルセア製CC650DWのPCケースとDVD-Rドライブ、CPU放熱器と1.5T/HDD
ぐらいしか入手していませんが、今後半年ぐらい掛けて仕上げる予定です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。