CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D化できるCADの種類

「Altium Desinger」などでの3D化作業をしていますが他のCADへの対応に
関してふれていきます。

1.「PCAD」の3D化
 「PCAD-2002/2006」をメインに使用していますがIDF経由で「SolidWorks」で
 読み込んで3D化が可能です。
 そこから別のファイル形式、例えばIGES、STEPなどに変換することも可能です。

2.「Altium Desinger」の3D化
 「Altium Desinger」も併用しているので部品上にSTEPファイル形式で配置して
  3D化が可能です。
 「SolidWorks」経由で他のファイルに変換も可能です。

3.「Allegro」の3D化
 「Altium Desinger」では「Allegro」のファイルも読み込めるので2.と同様の手順で
 3D化が可能です。
 ただし、再び「Allegro」形式のファイルに戻すことはできません。

4.「PADS」の3D化
 「Altium Desinger」では「PADS」のファイルも読み込めるので2.と同様の手順で
 3D化が可能です。
 ただし、再び「PADS」形式のファイルに戻すことはできません。


5.その他の旧ファイル
 本家「P-CAD PDIF」、「Tango PCB」ファイルも「PCAD-2002/2006」や
 「Altium Desinger」で読み込めますので対応可能です。

 「PCAD-2002/2006」を「Altium Desinger」に変換して2.の作業をする
 ことで3D化が可能です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。