CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のPC製作

CPU価格も先月よりは3千円ぐらい上昇しているので未購入として残していた
CPUも購入しました。そして自作開始。
久々の自作のせいもあり色々なことがありました。以下そのレポートです。

最初にインストールしたWD社製の1.5TのHDDへのOSインストールでは時間が掛かり
Win7/64bit版を1時間半ぐらいです。
マザーボードのドライバーCDのインストールにも同じく1時間半程度でした。

インストール後の動きも少しHDDの処理が遅いようなのでHDDをシーゲート製に交換。
するとOSとドライバーの両方で40分程度で完了しました。
以前に2台のPCにOSをインストールした時もこれぐらいの印象だったので
WD製のHDDに問題があったのでしょう。
WD製はWinXPなどでは低速となることは知っていましたが、外付けUSB内で
使用していたHDDなのでこのようなことになるとは予期していませんでした。

そしてもう一つマザーボード内の7セグLEDが「A0」で止まるという現象。
PC自体は正常に動作しているようなので不思議でした。
インターネットで調べると「FF」だと正常とのことなので余計に気になりました。

カスタマサポートに問い合わせるとこれは「A0」ではなくて「AD」だそうです。
7セグLEDのセグメントの都合とのことですがその場合は「Ad」と表示される
筈なので何ともアバウトな設定だと驚かされました。
この「AD」という表示は正常で「レディー」という意味だそうです。
またこれらの表示はAWARDのBIOSの場合のようで他のBIOSの場合は違うようです。
このような重要な部分がマニュアルに書かれていないのも残念です。

これ以外にインストール時にPS接続のキーボードだけしか接続できず
USB接続のマウスはOSインストール時は認識しないので焦りました。
結局マザーボードのリア側はUSB3系なのでマザーボード上から引き出した
(前面パネルに装着)USB2だけがレガシー機器として動作するようです。

このマザーボードの化粧箱は、へこんでいたので気になりましたがどうやら正常に
動作しているようです。


BIOS設定画面も「UEFI」での設定は初めてなので設定情報を登録するのに
やや戸惑いました。

今まで64bitのPCはノートPCだけで重いソフトウェアの処理はできなかったので
これからが楽しみです。

以下、今回の自作PCのスペックです。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。