CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボンケーブルなどの配線ルート

基板設計した後は実装と機構設計が重要です。
その中で重要なのがコネクタの配線ルートや束線する場所や面積です。
ソリッドワークスなどでその部分を支援してくれるソフトウェアがあります。
ソリッドワークスではこちらで折れ曲がるリボンケーブルのルートを表現する
ことができます。
これで線材加工表の作成も簡単になることでしょう。

こういった線材加工表は中小の会社では回路設計者か実装担当者か機構設計者の
誰がやるか問題になるでしょう。
しかし、結局は図面が得意な方になることが多いように思います。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。