CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SW部品の回転、移動

今までソリッドワークスで作成した部品は回転や移動ができないと思っていました。
しかし、そうではないことを知りました。

挿入>フィーチャ>移動/コピー
で部品内のボディーをCTRLキーを押しながら順次選択し
移動/コピーするボディを設定します。

あとは移動、回転を数値入力するか。
または赤、緑、青のリングを掴んで回転するか、そのリングの中心の小丸を
ドラッグすることで移動できます。

ただ、これは最後の手段です。
基準がずれて作図するには何をしているのか理解できなくなりそうです。

そういう訳で機構設計などではタブーなのでしょうが
基板設計など定番の部品のファイルを入手したけれど向きが違っている場合は有用です。
具体的にはSTEPファイルをインポートして向きを調整する場合が考えられます。

追記
この回転を設計テーブルにて利用できれば
コネクタのストレートとライトアングルを簡単に処理できるかもしれません。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。