CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回路図、基板、機構のライブラリー連動

弊社では回路図は「ORCAD」で管理し、基板設計は「P-CAD」または「AltiumDesigner」で設計しています。
機構設計は担当していませんが、要望があれば検討図は「図脳Rapid/Pro」と
「ソリッドワークス」を併用して進めています。

「ORCAD」のライブラリーは「AltiumDesigner」にも変換してあるので連動も可能です。
そこで気になるのが、更に進化して3D部品化です。

SCH/PCBはCR部品では回路図の作成スピードを優先した向きで作成されているでしょう。
しかし、ICなどは回路図と基板設計の向きが一致していることが好ましいのでアレンジ
するのはNGでしょう。
さらにそれと連動するように3D部品の向きも一致させ登録しています。
STEPファイルだけの利用なら「AltiumDesigner」側で登録時に回転させればいいと思いがちです。


しかし、IDF(SDRC-IDF)ファイル経由で3DCADに3DCADの生データを読み込ませる場合はそれではNGです。
「AltiumDesigner」側とIDFファイルが読める3DCAD(ソリッドワークス)などでは
同じ登録名、同じ基準、同じ向きでないと現実的ではありません。

ICなどは比較的それに準拠できますが、表面実装するコネクタなどはどの向きで
どこを基準にして作成するかで悩みます。

最後の手段は3DCAD(ソリッドワークス)側でZ軸での回転やXY方向での移動となります。
これは機構設計で作業をしているCADオペレーターにとってはタブーに近い作業でしょう。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。