CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設計テーブルでのコネクタ作成

JSTのコネクタの3D形状をソリッドワークスの設計テーブルで作成中です。
想像していたとおり、同じシリーズを一つのファイルで作成すれば後はEXCELで
外形サイズとピン数と型番(一番左のパラメータ)を記述するだけで完了します。
STEPファイルで保存時にだけそのパラメータの型番を選んで出力します。

同じシリーズであれば高さ(Z方向)は一緒なのでそれも省略できます。
内径サイズなどはテーブル内に個別に入力したくないので外形サイズから連動するように
その差の寸法だけを入力することで回避しています。



電解コンデンサなどもこの方法で処理しておけば形状や色合いを変更する場合に
有利ですが、随分前に個別に作成していたので後の祭りです。

複雑でピン数違いのあるQFPなどでは設計テーブルは有用でしょう。

コネクタの登録する向きはどうするか悩みますが、カタログに準拠するのではなくて
弊社内では統一するようにしています。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。