CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CrossRefからネットリスト生成

「AltiumDesigner」で基板設計後に何らかの理由で再度ネットリストの
コメントをロードしたい場合があります。
以下、その手順です。

1.「AltiumDesigner」で生成したCrossRefをエクセル形式で出力します。
2.エクセルでコメント部分を加工後にタブ形式で保存します。
3.AWKにて次のページに記述したものをファイル指定して実行します。
4.そうすればPROTEL.NETが生成されます。

下図の左側はエクセルで、右側は出力されたネットリストの一部です。
(両方を説明の都合で一つの画面に張り付けています。)



部品表からネットリストが生成できればいいのですが
Designatorが更に別れているのでそれに上手く対応できるか
不明ですがトライしてみます。



# 元のデータの順番は $1=COMMENT , $2=DESIGNATOR , $3=FOOTPRINT で
# 区切りはタブ形式としています。

BEGIN { print "処理を開始します。"}
    FS = "\t";

{ print "[" "\n" $2 "\n" $3 "\n" $1 "\n" "\n" "\n" "\n" "]" >> "PROTEL.NET" }
END { print "処理が終了しました。" }


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。