CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部品実装済の3Dモデルは

基板設計が終了した基板に部品実装状態を3DPDFではなくてSTLファイル化が
可能です。
3Dプリンターも廉価なものが存在しているのでそのSTLファイルから部品実装した
3Dモデルに成型することもできないことはありません。
基板製造と実装の時間を1週間だとすると、その3Dモデルは一週間ぐらいの命と
なりそうです。

部品実装の配線用モデルという使い方もありますが、実物とは色合いが違うし
コネクタの嵌合も考えるとその使い方も微妙です。
3Dモデル生成の費用を基板設計に上乗せすることも厳しいでしょうから
その辺りの売りをどうするか難しいところです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。