CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D化が進むと

3DCADと3Dプリンターだけでは製造するものに限度があります。
そこに3DACDで構造計算、シュミレーションを組み合わせると軽量化が
できます。

その例がこちらの動画のように力の掛かる部分だけを骨組みにすればいいという
考え方になります。
テーブルなどでも梁が複雑な骨のようになった構造のものをNHKの番組で
見かけたことがあります。

軽量化と3Dプリンターの組み合わせで想像されるのは飛行機です。
骨組みが最適化された模型飛行機の構造物を3Dプリンターで製作すれば
面白そうです。
エンジンが重いので手動か電動式となるのでしょうか。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。