CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dプリンターの分解能

3Dプリンターで基板と基板上の部品を一体化したものを印刷しようとすると
分解能が気になります。
恐らく0.1mm以上あればいいのではないかと思っていました。

しかし、そこで問題なのがコネクタのピンです。
トップとライトアングルがあるのでどちらの方向に置いても重力とその小ささから
ピンの部分が恐らく曲がってしまうか変形してしまうということです。
(短ければ大丈夫でしょうが、長いとその上に積層する作業で曲がる?)

さらに考えると、ディスクリート部品では半田面側にリード線があります。
これも積層時に問題となりそうです。
これは樹脂の場合ですが、出回っている3Dプリンターは樹脂製ですから
基板上の部品を印刷するのは暫くは断念するしかなさそうです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。