CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットプリントの検索

基板設計の場合
部品配置後にネットリストの接続情報だけを使う方
そのフットプリントから形状をライブラリーから引き出し部品発行をする

この二つの場合があります。
私の場合は前者です。
この方が自分で形状をチェックできるからだと信じていました。
しかし、その考え方は変わりつつあります。

Altium Desingerの場合は既存ライブラリーの一欄を作成しやすいです。
それを部品表で検索すれば新規部品の発行の有無がすぐにチェック可能です。

その検索をエクセルのマクロ(VBA)で作成してみました。
既存ライブラリーにプリフィックスがある場合もワイルドカードで検索でき
信頼度も◎、○でチェック可能です。

ABCDEFGを検索する場合は*ABCDEFGで処理し、次に一文字ずつ後ろから減らして
*ABCDE*までヒットするまで検索することにしています。
本体を5文字未満にするとヒットしやくすくなり別の型番を結果標示するからです。


一旦ヒットしたものにまた会社独自のサフィックスをつけて再検索することも
可能です。
つまり、ABCDE-###などにも対応できます。

現在、不要なサフィックス削除するマクロも追加する予定です。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。