CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXCELでできそうな作業3

更に思いついたので記事にしてみます。

6.顧客の部品表とネットリストの部品点数の比較のマクロ
 ネットリストを回路図CADから出力しますが、部品表は手修正することがあります。
 そこで部品表の部品点数やREF番号(Designator)と矛盾することもありそうです。
 エクセルに部品表のREF番号(Designator)だけを読み込んで部品点数を数え
 ネットリストファイルからは[部分をカウントして部品点数とし、両者を比較すれば
 ある程度のチェックは可能です。
 現実的には部品Aを1つ増やして、部品Bを一つ減らしているミスは合計が一緒なので
 NGです。
 それは別の手法で解決しないといけないでしょう。




7.ネットリストから部品表を生成するマクロ
 エクセルのマクロでいきなり処理するにはハードルが高そうです。
 一旦、クロスリファレンスを生成し、その次のステップで処理すれば可能なような
 気がしています。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。