CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロによる設計時間の節約

エクセルのマクロによりどれぐらい基板設計の時間が短縮できるかを語ります。
(「AltiumDesigner」でもそうでしょうが、「P-CAD」でのデータです。)

1.部品表からネットリスト生成および部品ロードまで
 部品作りの時間は考慮していませんが、部品表を編集して基板設計CAD上に
 部品配置をするのは5分ぐらいです。
 (新規部品がある場合はその時間を加算します。)
 通常は30分から数時間は掛かるでしょう。

2.支給された部品表または回路図CADから生成した部品表と
 基板設計CADから出力された部品表の比較。
 ここで基板設計CADからの部品表ではなくてネットリストとを
 比較することに変更。
 両方をクロスリファレンスにして比較するので項目のチェックに問題はない
 でしょう。



 色が違っている部分だけに着目するので5分ぐらいで終わります。
 通常は、顧客の承認待ちの時間に処理しているのであまり時間は気にしません
 が、時間短縮ができてパソコンで処理できるので確実です。
 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。