CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IDF Ver.3規格での出力のエラー その2

「Altium Designer」でVer.3規格での出力時の3D部品のオフセットの件の
続きの記事です。

「Altium Designer」のTools > Manage 3D Bodies for .... の画面にて
Standoff Height の数値がIDFの*.brdファイルに出力されるようです。

「Manage 3D Bodies for ....」の機能は2Dの部品情報から3D形状を仮想するツール
なのでこのような数値になっても仕方ありません。

これが0でないとIDFにて3D部品にてZ方向のオフセットが掛かります。
「Altium Designer」のこの編集画面で0にするかIDFのファイルを
テキストエディタで編集するかのどちらかで処理する必要があります。



Overall Heightは*.pro情報に反映されますが3DCAD側で実際の部品にすれば
問題なしです。

EXCELのマクロでも処理は可能ですが0に統一して修正するしかありません。

追記
「Batch Update」で「Standoff Height 」と「Overall Height」を0にすることも可能です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。