CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXCELでのTips

EXCELでマクロを組んでいる時に使えるのがFootprintでのソートです。
通常はDesignatorに着目するので型番がごちゃごちゃに表示されます。
それをFootprintやCommentでソートすると綺麗に連続したデータとなるので
表が見やすくなります。

ファイルに出力する場合の注意点
エクセルでのマクロでは新規ファイルとして保存する方法を上手く見つけられ
ませんでした。
そこで知ったのがメモ帳へのネットリストの出力です。

ある表のA列を選択しコピーします。
そしてメモ帳(Notepad)を起動します。
ここで貼り付けですがVBAの機能ではNGなので
「Sendkeys」というコマンドを使います。
これはあたかもキーボードから文字を入力しているように動作させるものです。
それで「Ctrl+V」相当するキーを送信しています。
その内容を確認したら自分で「名前を付けて保存」で処理します。

.Columns("A").Select
.Columns("A").Copy
   
    Shell "Notepad.exe", 1
   
        SendKeys "^{V} "                               




IDF形式ファイルなどはリネームしてその新しいファイルを開くようにしました。
しかし、HDDのアクセスなどの影響でBusyとなってしまうのかエラーが
でてきました。
仕方ないのでその読み込み場面でMsgboxで処理を開始するなどのメッセージを
挟み、時間を稼ぐことにしました。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。