CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレシス形式?

ネットリストには種類がありますが、その中で一番見やすいのがテレシス形式の
ようです。
しかし、それはテキストファイルでの話です。
Protel、Tango形式のネットリストファイルをマクロで置換したものがこちらです。
部品情報はそれ専用のシート名にてクロスリファレンスにし
接続情報は別のシート名でこのようにしました。
10個で折り返すようにしたのでネット名を含むと11列での折り返しです。

テレシスと違って部品情報と接続情報が違うシートにできるので大規模な場合に
行が減るので見やすくなっています。


ORCADからTango形式で出力するとノードとの仕切りがハイフンではなくてカンマ
になってしまうのですがこれもエクセルのマクロだと列で処理できるので
一括で処理しやすいです。

テキストエディタで一括編集するとネット名にカンマがもしあるとハイフンに
なるのでそれを回避できています。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。