CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基板外形をIDFで指定2

IDFから部品外形を指定するマクロが出来上がりました。
こちらの画像を参考にしてください。
マクロ生成とADでの読み込みまでトータルで1分ぐらいで処理できます。

IDF/Ver.3規格のミリ単位系で、仮に「Altium EXCEL」というCADからの出処で
ファイル名はPCB2で板厚は1.6mmとしてあります。
しかし、AD側ではこの中ではミリ系という項目以外はすべて無視してくれます。
板厚はレイヤースタックマネージャーの方が複雑なので矛盾を避けるために無視
するのでしょう。



取り付け穴のメッキの有無はAD側で認識してくれます。
IDF側では穴の直径だけでパッド寸法は関係ないので読み込み後に設定する
必要があります。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。