CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DXFファイルの修正マクロ

DXFについて調べると最小限のヘッダーと本体のエンティティセクションでも動作
することが多いようです。

そこで途中の、テーブルセクション、ブロックセクションを削除するマクロを作成して
みました。

欠点としては、複数のレイヤがある場合は1つのレイヤーに統合されるのでしょう。
しかし、PCBの基板外形として利用する場合は問題ないでしょう。

AutoCADのバージョンは「$ACADVER」という項目で処理し「AC10**」で分類され
ますが、それも削除するので読み込むソフトウェアの処理しだいとなります。
インチ、ミリの設定も削除するのでそれも読み込み時に設定する必要があります。



このマクロ処理後でも読み込み時にエラーとなる場合には一度、CAM350で読み込んで
前処理すると更に改善されます。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。