CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADからORCADにバックアノテート?

回路図CADが「ORCAD9」の場合で基板設計CADがP-CADの場合は
WAS/ISファイルをAWKでテキスト加工することで対応してきました。
対応するのはREF番号のリナンバリングだけの話です。

回路図CADが「ORCAD9」の場合で基板設計CADが「Altium Designer」の場合は
事前に「ORCAD9」を「Altium Designer」で読み込んで変換して対応する場合が
殆どでしょう。

そこで、「Altium Designer」からリナンバリングの前後関係からWAS/ISファイルを
作成する方法がないか検討してみました。

設計が終わった「Altium Designer」からPick and Placeファイルを作成し
リナンバリング後にもう一度にPick and Placeファイルを作成して
両者を比較し加工すればWAS/ISファイルが作成可能でしょう。




具体的にはEXCELにてPick and Placeの前後CSV形式のファイルをSheet1/2に取り込み
同じ部品なら下記の項目でDesignator以外は同じ筈なのでその変化を検出可能でしょう。
Designator    Footprint    Mid X    Mid Y    Layer    Rotation

要望が少ないので実際にこのマクロを作成するかどうかは微妙です。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。