CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NETLISTエディター/マクロ

NETLISTはエディターで編集されることが多いでしょう。
しかし、Altium、Protel、Tango形式の場合は
縦に長くなるので編集するのが面倒です。

そこでエクセルの表で一覧にして簡単に編集できるようにしました。
編集した部品情報はNETLISTとして再度、生成できます。
接続情報は「Smart-NET」のようにわかりやすく表にしました。
しかし、こちらは閲覧だけでもし編集したとしても生成した
NETLISTには反映しないように(現状では)しています。




DesignetorはEXCELで一旦ソートし更にマクロ内でソートしてあるので
XREF(クロスリファレンス)として使えます。

「Altium Designer」のPCBからはXREFは生成可能ではありますが
顧客から貰ったNETLISTから生成できるのでSCHの欠番を知ることが可能です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。