CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブラリーの分類

基板設計作業を長年続けていくとぶつかるのがこのライブラリーの分類をどうするか
という問題です。

ライブラリーの種類が少ないと一つあたりが重くなってしまいます。
弊社では大分類として5分類してその中を更に分類しています。

1.パッケージ(雛形)別
    BGA、PLCC、QFP、SOPなどです。
    これはそのまま利用せず、コピーして他のライブラリーで利用します。

2.クライアント別
    顧客別に分類し利用頻度が低いものを入れています。

3.コネクタ類
    主にメーカー別に分類していますが、JPなど雛形的なものもあります。

4.デバイス別
    これがメインでOPAMP_SOP、OPAMP_DIP、D_TR、AVR、C_VC、R_VR、SW、CPUなどです。
    全部で20種類以上になります。

5.メーカー別
    MAC8、アナデバ社、東芝、MAXIM




顧客で分類に入らない新規部品はクライアント別で処理し暫くして他でも利用すれば
移動しています。

OPAMPの利用が多いのでSOPかDIPかで分類しているものもあります。
混在して利用することは少ないのでどちらかをインストールしていればいいのでこれも
ありではないでしょうか。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。