CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接続維持した部品移動

「Altium Designer」にて部品同士を接続した後でそのトラック(接続)を維持して
ラバーバンディング処理できるかどうかです。

通常の設定ではその機能が無かったのですがこちらの設定で可能です。
Preferences>General>Other枠内
CompDragにてNoneをConnectedTraksに変更します。

ただ、これだけでは駄目で実際に部品を移動する場合はマウスクリックではなくて
Edit>Move>Component というコマンドで対応します。

部品をマウスクリックしただけではコマンドが移動かどうかが確定していないので
ラバーバンディングしないのでしょう。



また、部品は個々でブロックでの移動には対応していません。
そして、スペースキーには対応していないようで回転もしれくれないようです。
つまり、単純に部品が上下左右にトラック付きで移動するだけです。

ブロック移動や回転がP-CADのようにできないのは残念ではありますができたと
しても境目部分は最後にて丁寧に処理する必要から一旦ラッツネストに戻すことが
多いので、これも考え方のひとつでしょう。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。