CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIBの分類

「Altium Designer」などのライブラリーや3DCADの部品をどのように分類するかに
ついては何度も検討しています。

現状でよいと思われるのは機能別に分類して出現頻度が高くなってきたICやコネクタ
などはメーカー名で分類し直すのがベストのようです。

一番問題なのは基板設計CAD用ライブラリーと3DCADのフォルダーをどうやって
似たような構成にするかです。

ソリッドワークス用には最初はSTEPファイル生成ように作成してきたので大雑把な
分類でした。
しかし、IDF経由で処理するようになってから基板設計では3DCAD化がほぼ100%なので
3D部品の作成頻度が上がりました。
ADのLIBと同じような構成またはフォルダでないとどのフォルダの中に3D部品を作成
して収めるのか自分でもわからなくなります。




またADのLIBにてノードの違いなどで部品を作成してしまうと3D部品側でもそれように
部品を発行する必要があるのでなるべくノードの違いで部品を作成せず、SCHまたは
ネットリストのレベルで対応するようにしています。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。