CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナップ、コンポーネントグリッドを同値にするScript

スナップグリッドとコンポーネントグリッドを同時に同じ値に設定する
スクリプトは意外と簡単でした。

1.ADにてスクリプト用プロジェクトファイルを事前に開いてみる。
 PCBなどと一緒でスクリプトも専用のプロジェクトファイルで管理するので開いて
 リンクさせる必要があります。

2.ADのDXP>カスタマイズにて事前にメニューを追加(名前は「Custom」など自由に)
 詳しくはこちらのサイトを参照のこと。





3.再度、DXP>カスタマイズにて
 カスタマイズ内の[script]を選択してツリー内の緑のスクリプトを先ほどの
 メニューにドラッグします。
 必要に応じて ADメニューの画面への表示名とキー登録を行います。

///ここからが本体の*.pasのサンプル

Procedure Grid_0R1();

var
   board : IPCB_Board;

begin

   board := PCBServer.GetCurrentPCBBoard;
   if (board = nil) then exit;

{ Set the Snapgrid Size ---------------------------------------}
   ResetParameters;
   AddStringParameter('Size','0.1MM');
   RunProcess('PCB:SnapGrid');


{ Set the Componentgrid Size ----------------------------------}
   ResetParameters;
   AddStringParameter('ComponentGrid','0.1MM');
   RunProcess('PCB:DocumentPreferences');

end;

ここまで///







追記

このスクリプトはライブラリー編集画面でも通用します。
別途、その画面にメニューのカスタマイズとスクリプトのドラッグが必要です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。