CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリプトによるグリッド項目の細かい設定

グリッドサイズを変更する場合、下記の項目も一緒に設定したい筈です。

Unit : Imperial, Metric

これらの項目もSnapgrid SizeとComponentgrid Sizeの項目の後に指定すると
こうなります。

これにより、インチグリッドをミリ系で表示したりすることがなくなります。

また、100MILグリッドにしたい場合はComponentgridは50MILと細かくし
12.5MILグリッドにしたい場合はComponentgridは逆に25MILと荒くした方が
現実的なような気がします。

これにより12.5MILでパターンは引けるけれどSOPなどの移動はそれほど細かくなくて
25mil(0.635mm)ぐらいの方がSOPパッドのピッチの1/2となり有利ではないでしょうか。





以下、100MILグリッドの例です。

************************************************************ ここから
Procedure Grid_100_50MIL();

var
board : IPCB_Board;

begin

board := PCBServer.GetCurrentPCBBoard;
if (board = nil) then exit;

{ Set the Snapgrid Size ---------------------------------------}
ResetParameters;
AddStringParameter('Size','100MIL');
RunProcess('PCB:SnapGrid');


{ Set the Componentgrid Size ----------------------------------}
ResetParameters;
AddStringParameter('ComponentGrid','50MIL');
RunProcess('PCB:DocumentPreferences');


{ Set the MeasurementUnit ----------------------------------}
ResetParameters;
AddStringParameter('MeasurementUnit','Imperial');
RunProcess('PCB:DocumentPreferences');

end;

ここまで ************************************************************

以上です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。