CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べたアース処理をパッドの種類で仕訳

SMDパッドだけをべたアースからある程度のクリアランスを設けたい場合は
下記のようにすれば良さそうです。
(他にも良い方法がありそうですが。)
{}部分はコメント欄です。

****************************************************************************

(ObjectKind = 'Pad') And (OnTopLayer  Or OnBottomLayer) And Not (OnMultilayer)
And Not InComponent('U*')


 {SMD Pads}

****************************************************************************

また2段目の代わりに下記のようにすればCRだけ処理することが可能です。

And (InComponent('C*') Or InComponent('R*') )

{ 試していませんが多分、下記の手法でも大丈夫でしょう。 }
And InComponent('C*','R*')





また、パッドサイズで分類するには下記の手法もあり得ます。
XYサイズが0.6mm以上だと処理します。

そのサイズ以下は通常通りに処理するので高周波の場合も問題がないので有利です。
QFPはパッドのどちらかが0.6mm以下なので処理されません。

****************************************************************************

(ObjectKind = 'Pad')
And
(OnTopLayer Or OnBottomLayer)
And
((AsMM(PadXSize_TopLayer) >= 0.6) And (AsMM(PadYSize_TopLayer) >= 0.6) And Not (OnMultilayer)) Or
((AsMM(PadXSize_BottomLayer) >= 0.6) And (AsMM(PadYSize_BottomLayer) >= 0.6) And Not (OnMultilayer))

****************************************************************************

細かいパッドの部品にはべたアースが入り込み、大きなパッドを持つ部品はゆったりと
処理されるので、現状ではこれで対応させています。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。