CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAM350でのシルクカットと事前チェック

Camtasticでのシルクカット以外にCAM350でのシルクカットの手法を紹介します。

1.シルクカットをするまでにまずはどの部分が怪しいかを事前にチェックします。
 事前にLayersのTypeのGraphic部分を実務的なレイヤ名にします。
 例えば*.TSK を Silk top とします。

次に
 Analysis > Silk to solder spacing...
を実行して、どの部分が該当するかを事前チェックします。


2.実際のシルクカット作業をします。
Utilities > Clear Silkscreen...
を実行する。
ここでシルクとレジストのレイヤを指定し、クリアランスを0から0.1mm程度に
指定して作業を開始します。



3.結果は元ネタはそのままで、新たなレイヤに作成されます。
どちらを実際に使用するかを判断して片方の不要レイヤを削除します。

CAM350でシルクカットをしないでこの1.をチェッカーとして利用し
基板設計CADでその部分を事前に対応するのも手です。
スポンサーサイト

Category : CAM

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。