CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sliver and Minimum Gap

銅箔やレジストではスライバや最小ギャップが気になります。
CADのDRCでは対応できない場合はCAM350などのガーバーエディタでの対応となります。

以下CAM350での例です。

レジストの場合は
Analysis > Mask Slivers...
にて対応が可能ですがボタンのチェック具合によっては自動でその部分をくっ付けて
改善してくれるので注意が必要です。

銅箔の場合は
最小ギャップと最小導体幅が気になります。
それぞれ下記のコマンドで対応できます。
Analysis > Minimum Gaps... 
Analysis > Minimum Widths...




スライバでチェックするよりはMinimum Gapsでチェックした方が手早いでしょう。
太い電源ラインなどには+5V、+12Vなどの文字をパターンで追加しているのですが
通常はその部分がDRCに引っかかってしまいますがこれは何ともならないでしょう。
スポンサーサイト

Category : CAM

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。