CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設計グリッド

インチ系であれば100milグリッドが基本で1/4の12.5milグリッドにすればピン間3本と
いう処理ができるという考え方があります。

ミリ系でのいい方法を模索していました。
そこで考えたのが0.6mmグリッドです。
倍の1.2mmグリッド間隔であれば電源ラインなど1mmのものを引いても隣とのクリアランス
確保が可能です。
半分の0.3mmグリッドにすれば0.15mmのパターンを引くことが可能です。

そこでグリッド間隔についてまとめてみます。

デジタル系であれば0.15mmが最小で余裕があれば0.2mmで引き回します。

0.15mmの場合は0.3mmグリッドで
0.2mmの場合は0.4mmグリッドで処理します。



アナログ系の場合も最初は0.15mmですが他は0.3mmぐらいあった方がいいでしょう。
0.3mmの場合は0.5mmグリッドで処理できます。
電源は前出の1mmで処理するので0.6mmグリッドを倍にして処理します。

細かい処理が必要な場合にのみ0.1mmグリッドで処理すればいいでしょう。

つまり、引き回しだけなら0.1mm、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.6mmと
基本の1mmがあれば十分です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。