CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Auto Step Placer スクリプト

こちらの「AutoSTEPplacer_v1.1」を利用すると
ライブラリーに自動的にSTEPファイルを配置できます。

「Summer09」ではスクリプトが途中でエラーで止まってしまいます。
「AD14.3」では途中でのエラーはなくSTEPファイルを貼り付けてくれますが何故か
 ライブラリの先頭の部品だけはSTEPファイルが存在していても貼り付けてくれません。
 手動で貼り付けるよりははるかに楽なのでこれでも特に問題なさそうです。

以下手順です。

1.STEPファイルを貼り付けたい*.PCBDOCからMakeLibraryコマンドで専用LIBを作成
2.適当なフォルダを作成してそこに1.の専用LIB(STEPファイルを配置したいLIB)を移動
3.STEPファイルもそのフォルダに準備する
 (このSTEPファイルは拡張子以外は同じ名前であること、また同じ原点、同じ向きで作成)

4.DXP内で「AutoSTEPplacer」スクリプトを実行する

以上で専用LIBにSTEPファイルが配置されます。


先頭の部品だけは手動で配置し、後は*.PCBDOCを作成した専用LIBで処理すれば3D化
できます。

STEPファイルが配置されるレイヤはメカニカルレイヤ1になるようでこれが変更可能か
どうかは検討中です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。