CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEPファイルを配置するレイヤ

前の記事の「Auto Step Placer スクリプト」ではSTEPファイルはメカニカルレイヤ1に
配置されます。

それを自分のライブラリーに適したレイヤに配置するにはスクリプトにレイヤ情報を
追加する必要があります。

121-122行の間に下記の項目を挿入してください。
これはメカニカルレイヤ15の例です。

STEPmodel.Layer := eMechanical15;


**********************************************************************

行数
 119                         if ComboBoxTop.Text = 'Y' then
 120                             Model.SetState(90,0,0,0);
 121                          STEPmodel.Model := Model;
 122                          Component.AddPCBObject(STEPmodel);


**********************************************************************


行数
 119                         if ComboBoxTop.Text = 'Y' then
 120                             Model.SetState(90,0,0,0);
 121                          STEPmodel.Model := Model;
 122                          STEPmodel.Layer := eMechanical15;
 123                          Component.AddPCBObject(STEPmodel);




これで実用的なスクリプトになりました。
1つ目の部品にSTEPファイルが配置されない問題は未解決のままです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。