CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銅箔などの重量

顧客から多層基板の個々の重量を調べて欲しいとの依頼がありました。
運の悪いことにそれは真四角ではなくて異型で角は面取りされています。

まずはどうやってパターンの線路長のトータルを出そうか悩みましたが
CAM350には面積を計算する機能があったのでそれを利用し銅箔の重さを算出しました。

半田メッキの重量はレジストの面積から算出しました。

スルーホールメッキ部分の重量は誤差の範囲とは思いながらもそれも平均的な穴を
計算し、それに穴数をかけて算出しました。

これらを合算して金属部分の重量としました。





次はガラエポ基板の樹脂の部分の重量です。
基板外形図を図脳RAPIDに読み込んで、面積算出機能で調べました。

それから大きな穴部分を引いて、トータルの板厚から内層の金属部分を
引いた厚みと掛けて体積を算出します。
後は、比重1.8として重量を算出しました。

感覚的には、もしDVD-Rと同じ面積ならその1.5倍ぐらいの重量のような気がします。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。