CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機構設計と部品作り

基板設計者で機構設計をされた経験がある方は少ないかもしれません。
そのために基板設計用の部品作りには時間が掛かっているでしょう。
弊社では機構設計CADである程度作図した後でDXF経由でロードしてそれを下図にして
作図していました。

簡単なものは基板設計CADで作図しますがその機能はあまりにも初歩的です。
Altiumの場合はそこをスクリプトで回避できますがそれさえもご存知でない方が多い
でしょう。

スクリプトは今まで紹介してきましたがその前にどうやれば簡単に作図できるかを
説明します。

1.メカニカルレイヤに四角形や丸を配置する。
 複雑な場合は沢山の四角形や線分を配置する。

2.それぞれの線分のコーナー処理を行う。
 十字となった線分をL型にしたりT型にします。

3.パッドを配置する前にその間隔の部分にあらかじめ線分を配置

4.パッドを配置する。

5.シルクレイヤに四角形や丸を配置する。


このような手順ですが、現状では4.のパッド配置をする以外はスクリプトである程度は
対応できます。

四角形や線分を配置して色々なコーナー処理をするのに一番の時間が掛かります。
これがスクリプトで対応可能なのは非常に有利ですがそれを理解できるのは機構設計
CADを経験した方だけでしょう。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。