CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PlacePowerPortのRun Process

AltiumDesigner SCHにてVCCやGNDを記載するにはやや種類が少ないようです。
空いている適当な場所に一旦配置してから編集してそれを配置している方が多いのでは
ないでしょうか。

そこで「PlacePowerPort process」に記載されている内容を説明します。
これをRun Processコマンドで処理すればいいでしょう。
実務ではそれも面倒なのでスクリプトにしてメニューに登録するというカスタマイズが
必要でしょう。

Orientation *****
向き
0 0 degrees
1 90 degrees
2 180 degrees
3 270 degrees


S *****
文字
例)
S=+5V , S=+12V





Style *****

0 Circle
1 Arrow
2 Bar
3 Wave
4 Power Ground
5 Earth Ground
6 Earth respectively
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。