CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re-AnnotateのWasIs

Altium DesignerのPCBファイルにてDesignatorをRe-Annotate(リナンバリング)した場合は
Undoがあるためなのか何もファイルが生成されないようです。
同じAltium DesignerのSCHとペアで使用している場合はこれでも問題ないかもしれません。

しかし、リナンバリングしたPCBデータをOrcadの回路図にバックアノテートするには
それではNGです。

そこで可能性のある方法としては
リナンバリングする前にPick And Placeファイルを作成し、リナンバリング後にも同様に
Pick And Placeファイルを作成します。
次にそれらのファイルをエクセルに読み込んで同じ座標のものがビフォー/アフターだと
わかるマクロを作成すればいいでしょう。


Orcadの場合はビフォー/アフターの区切り文字は半角スペースなのでそれを生成すれば
いいでしょう。

追記
Altium自体にもWAS-ISファイルがあり、ORCADと同じように区切り文字も
半角スペースでした。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。