CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基板設計用NETLIST作成の仕方

回路設計者の方はSCHから出力されたネットリストがそのまま利用できると思って
いらっしゃるようですがそうではありません。
フットプリントの項目が無い、または自社用のフットプリントに差し替えなければ
いけないからです。
ある程度は埋まっているコメント欄の項目が重要になります。

EXCELのマクロを使用した何種類か方法があるのでそれを記述してみます。

1.ORCADから出力されるBOMを利用
 ORCADから出力されたBOMを部品表太などを使用しないて直接
 EXCELのマクロで読み込んで型番を置換するなどしてフットプリントを差し替えます。

2.Altium Designerから出力されるSimple BOMを利用
 通常のBOMと異なり定型なので処理がしやすいという利点があります。

3.資料として存在するBOMをマクロに貼り付けて自分のデータベースと比較して
 生成する手法。

4.PDFのBOMなどから各列をコピーしてそれをマクロで加工する手法があります。
 欠点としてはカンマなどの文字化けがあるので文字置換などの処理が必要です。



ここまではすべてBOMによるものです。

5.ネットリストを読み込んでその中のコメント欄を加工して差し替えます。

弊社では5.番のものだけを使用しています。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。