CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットプリント名を既存LIB型番にて

顧客のネットリストを読み込んでも顧客のフットプリントを鵜呑みや参考にはできません。
コメント欄を基準に置換をするマクロで処理してフットプリントを差し替えています。

しかし、置換テープルなどで手を尽くしても限度があります。
ICなどは既存ライブラリ内にある型番を置換テーブルの代わりに利用すればいいと考えて
それに該当していればその型番に変換するマクロにしました。

弊社では顧客でコメント欄がまじめにそれも規則的に記載されている場合は
9割ぐらいはマクロで変換処理が可能です。
作業時間が数分で基板設計用のネットリストに変換が可能です。


既存LIBもエクセルのシート上にあるので新規作成しなければいけない型番もその場で
○×で表示可能です。

これまで、この作業に掛かっていた余分な時間を新規部品の作成時間に振り当てられます。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。