CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PnPcustom.pasに関して その2

このスクリプトを少しずつ改造しています。
ピックアンドプレースにてこれまでに一番気になっていたのが部品の座標です。
インチ系を換算して表示しているので計算上の桁落ちで小数点5-6位ぐらいまで
表示されてしまうことです。

そこで、四捨五入して第3位に揃えようと考えました。
Round関数はうまく動作しなかったのでRoundTo関数で処理しました。

RoundTo(x,-3)とすれば小数第3位に揃います。
具体的にはX座標をこう処理しました。
Y座標も同様に処理します。

X := FloatToStr(RoundTo(CoordToMMs(Component.X - Board.XOrigin),-3));



また部品の回転角が360度と表示されるのと0度が混在することです。
これは下記のように処理しました。

If Rotation = '360' Then Rotation := '0';

また拡張子も.picではなくて.txtに変更しました。

追記
厳密な四捨五入はSimpleRoundTo
なのですがDelphi7以降のようです。
この関数を使用してもエラーにはなりませんがRoundToと同じ結果のようです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。