CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部品の座標

Altium Designerではインチミリ換算の関係なのか配置位置に桁落ちして細かい数値に
なることがあります。
前の記事の「PnPcustom.pasに関して その2」でも触れた関数で処理が可能です。

RoundTo(X,-2)とすれば小数第2位にしてくれます。
小数第3位だと*.999mmとなってしまう場合があるので小数第2位にした方がいいでしょう。

たとえばR2012の座標が(9.9994、15.0001)の場合は小数点部分に0が並ぶのでそれも
表示されなくて(10,15)となり視認しやすくなります。


これはあくまでもピックアンドプレースの値でAltium Designerにおける部品の位置は
そのままです。

スクリプトを改造して部品の位置もフィードバックすれば可能でしょう。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。