CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCHの位置でPCB部品配置は? その4

設計が終わったPCBとそれに対応するSCHとにて
まだ手動ではありますがテストをしてみました。

元になるSCHはORCADです。
Altiumで読み込んで変換しDesignatorの座標をCSV形式のレポートファイルで
出力しました。

それをExcelで読み込んで処理します。
列としては「Designator」とそれぞれのXY座標なので3列です。

XY座標をコピーして増やして新たにT/Bと回転角の列を追加します。
とりあえずT(トップ)で回転角は0としました。
2列目にフットプリントの項目があるのでそれは手動で記載しました。

これを設計が終わったPCBをコピーしたものをアンルートにします。
次に Tool > Component Placement > Place from File
にてそのファイルを読み込みます。



これで回路図に似たような配置に移動してくれたらテスト成功です。
これにたどり着くために何度か変な位置になりましたが最後には成功しました。

後は、SCHではジョブファイルを作成し、Excelではそのファイルを読み込んで
処理できるマクロを作成できれば完了です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。