CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⾯付け処理

Altium Designerには⾯付け処理をする機能があります。
元となるPCBDOCにリンクして処理してしまうので、事前に⾯付け⽤に別名保存して管理
することをお勧めします。
また、⾯付け専⽤の空のPCBDOCを作成して基板外形を規定した後で処理を開始しないと
各種製造データの出⼒時に混乱が発⽣します。
Paste Special による⾯付け処理
基本設計が終わった基板を下記の機能でコピーすることが可能です。
Edit > Paste Special
通常のブロックコピーであればREF番号が数字の⼤きな新しい番号に⾃動更新されてしまい
ますがこの機能であればそのままコピーされます。
しかし、そのコピーした部分で処理ミスをするとチェックすることが難しいという⽋点が
あります。(REF番号が別の番号にインクリーズされることなどが懸念されます。)
Pick And Placeファイルを出⼒しREF番号が同じ個数であれば問題ないというEXCELマクロ
を作成してあります。
筆者は資料作りには利⽤していますが、上記の理由から⾯付け作業には使⽤していません。


⾃⼒ではなくて⾯付け指⽰図⾯を機構設計CADで作成し、基板製造業者またはその前処理の
ガーバーエディタでの編集に任せるという⼿もあります。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。